MENU

梅雨入りも間近になり、気温も上昇すると、お風呂も面倒になりシャワーで済ませてしまいがちになりますが、スキンケアと健康のためには湯船にユッタリつかり、ジワ〜っと温まるのがオススメです。それも炭酸風呂なら最高!!、美肌になる保湿効果も大いに期待できます。

 

炭酸入浴剤も、ドラッグストアに行けば数多くの種類が販売されていますが、その中でも近頃売上が上昇しているのが手作りバスボムです。
いかにも若い女性に人気が出そうな可愛いデザインのバスボムはSNSでも見られます。
バスボムの基本の材料は重曹、クエン酸、塩を使うだけです。いずれも100円ショップなどで買える安価な材料ばかりです。
作り方も誰でもできるほど簡単ですから楽しくスキンケアをするために試してみましょう。

 

 

次に、スキンケアに大敵な3大原因について

 

スキンケア

その1、寒気

身体を冷やすことはお肌にとっては大敵です。冷えは毛細血管を委縮させ、血液の循環を悪くします。そうなると血液によって運ばれる栄養が身体全体に行き届かずお肌にも悪影響を及ぼすことになります。結果、顔色が悪くなり、透明感のある肌ツヤが失われるます。

 

その2、乾燥
乾燥がお肌の大敵であることは多くの方もご存知でしょう。乾燥することで皮膚の水分が奪われ、小じわが出来やすくなります。また、水分が少ないと肌を守る機能も低下しますので肌トラブルになる方が増えることになります。

 

その3、紫外線
春から夏にかけて紫外線によるお肌へのダメージが増大します。紫外線を多量に浴びれば黒くなる・シミが発生しますが、その他にも紫外線を浴びて肌老化が進む「光老化」といわれる症状もあります。
これは、シワやたるみの原因となり、ダメージを受けたお肌を修復しようとして毛穴が広がったように見える「角質肥厚」になりやすくなります。

 

これらを防いで美肌を保つには、「身体を冷やさない、乾燥させない、日焼けしない」を守ることです。

 

トップページへはコチラ