MENU

若い頃に肌の手入れをサボれば・・・もう手遅れ?

私は、ニキビ肌とまだら肌に悩んだ経験を持つアラフォーです。
毎日3〜5回は鏡で、悩みの元凶を見ては落ち込む日々を過ごしました。

 

もし、若いときにこの様な肌になることがわかっていたら、もっと真剣に肌の手入れを大切にしていたことでしょう。

 

10代の早いうちにニキビができて、それを治そうと市販薬をいろいろ試しました。
しかし、良くなるどころか毛穴がパックリ開いてしまい、まだら肌もあることからコンプレックスになってしまいました。この時期には失敗しないで効果が出るスキンケア商品が欲しくて欲しくてたまりませんでしたね。

 

スキンケア

20代では、肌ケアなど美容関連にも人並みに気を使っていましたが、若さという過信と時間の余裕にあぐらをかいて、夜中まで友人と飲んだたときにはメイクを落とさず寝たことも月に一回や二回ではありませんでした。

 

夏になるとファンデーションが崩れて毛穴に詰まることはしょっちゅうで、高額の化粧品を使えば隠せるのでは・・・と思い、百貨店の美容チェックやエステにも通いました。

 

そして、肌チェックしてもらっては「お肌のために」と、よくわからない洗顔用品やファンデーションを6000円以上も買ったりしていました。
当時は、高額であればあるほど自分のニキビ跡や、まだら肌をどうにかしてくれると思い込んでいたんですね。

 

そうこうする内に転機が訪れました!
転職した小売業で、たまたま化粧品セミナーに参加する機会があり、肌の働きやケアをじっくり学ぶことができたんです。
そこで、やっと自分の肌の状況やスキンケアを見直すチャンスに巡り合うことができました。

スキンケアの基本中の基本とは

学んだことは、スキンケアにおけるメイク落としと洗顔の重要性です。
@まず、お肌に付着したメイクや汚れをしっかり落とすことで、化粧水の浸透を助けること。

 

A次に、化粧水や乳液もしっかりつけることが肌には大切だということです。

(これまで私は脂性でしたので、ベタついて気持ちが悪い乳液は使っていませんでした)

 

Bそして、日焼け止めでしっかり紫外線予防し美白美容液を使うことでシミ、ソバカスの原因を断ち切って悪化させないこと。

私は、あまり日差しを気にせず、お休みの日はスッピンで過ごしていましたので、失敗しないスキンケアを見直す良い機会になりました。

その後、会社は退職しましたが、このセミナーで得た知識は今でも私の基礎になっていますし、商品選びで成功した要因でもあります。

スキンケア商品を選びたいけど・・・

スキンケア

しかし、結婚して子供が生まれると家事や子育てに追われ、なかなかゆっくりスキンケアをする時間がなくなりました。

お金の余裕もありませんから高い美容液も買えませんし、毛穴が開いてシミが増えても安い化粧品を使わざるを得ません。

 

でも宣伝文句ほどの効果はなく、子供には「何でお母さんのお肌はぶつぶつと穴が開いているの」と言われるしまつ。
子供が小さいころ書いた「お絵かき」では毛穴をかかれてショックだったこともあります。

 

せっかく基礎を学んだのに台無しの結果でしたが、そこから私は真剣にスキンケアと向き合うようになりました。
まず、それまでの経験上、化粧品は高額が良いというものではなく、安いから良い訳でもないということ。

 

とりあえず購入したら三本は効果を見るために使うことにしました。
そして、大切なのが使い続けられる商品であるかどうか。また、化粧水と乳液は同じブランドにしました。理由は、そうしないとしっかりした効果が見られないと思ったからです。

 

しかし、ここが大変でした。
何しろ、化粧水3000円だったら乳液は4000円ほどですし、ひと月半持てば良いほうですから毎回7000円の出費です。
スーパーでも売っている普通の化粧水や乳液でも毎日使うとなれば、こんなに費用負担となります。

 

しかも残念ながら、これといって効果を感じることがありませんでした。
それどころか、肌は実年齢より老けるばかりで、「おかあさんの顔はいつも疲れて見える」と大きくなった娘に言われるようになりました。

 

シミも増えましたが、シワも目立つようになり毛穴の次は加齢ですか?と自分の顔を鏡で見るたびに嫌になりましたね。

ついに見つけた!ベストなスキンケア商品

でも、諦めるわけにはいきません。
二度と失敗しないスキンケアを求めてモンモンとした日が続いていましたが、ついに見つけました〜!
スキンケア効果
体質は人それぞれ、場合によっては合わない方もいらしゃるかもしれませんが、スキンケアに悩んでいる方が1日でも早く解決されることを願って、私が体験した上で結果が出た失敗しないスキンケア商品を3種類ご紹介します。

 

仕事や育児で忙しく、手っ取り早くケアしたい時期におすすめなのが・・・

>>オールインワン・ピュアメイジング<<

 

シワ、シミ、たるみ、白斑、まだら肌の改善や、とりあえず目立つのを抑制

するには・・・


>>ハニープラセンタ美容液<<

 

ダイエット、エイジングケア、頑固な便秘や、”むくみ”対策を身体の中から治す

サプリメントなら・・・


>>酵素青汁111選セサミンプラス<<

 

いずれも2〜3日で効果が出るわけではありませんが、辛抱強く一か月以上は使ってみてください。
もう少しで効果がでるのに止めてしまうのが一番ムダ、成功する人はコツコツ辛抱強い人です。

プリプリ・ツルツルの肌になれる美肌促進の食事法とは

若かりし10代、20代だった時よりも、現在の肌の方が美肌といえるようになる究極的な方法

 

肌の美しさは年齢に必ずしも反比例しません。一般的には加齢になると基礎化粧品である、ファンデーションやコンシーラーといった商品が必須となります。
私自身が実践したわけではありませんが、食生活を改善することで過度な基礎化粧品に依存しない女性も数多くいらっしゃいます。

 

ファンデーションやコンシーラーに依存する女性の多くは、厚塗りをすればするほど思いとは逆に肌が持っている本来の自然なツヤ・ハリを見えなくしてしまい、半日もすれば化粧崩れにより肌色を悪くしてしまうおそれがあります。

 

時間をかけて化粧をしたとしても、自前の素肌が健康でなければ化粧も上手くいくはずもありません。
では、自前の素肌にハリ・ツヤを取り戻すために、素肌美人はどうしているのでしょうか。
それには外部から素肌に行う手入れ以上に、身体の中から肌質を向上させているのです。

 

毎日の食生活を変えることで今までの肌トラブルが激減します。すると家族や友人・知人から肌の変化を称賛されるようになります。
こうなれば化粧品や化粧技術に費やしていた費用と時間を食生活の改善に投資することが簡単にできるようになることでしょう。

 

その延長線上に食事に加えてサプリメントを利用する方法が考えられます。
仕事などで計画的な食生活ができない場合に使うのは効果的でしょう。

 

ただ基本は、あくまでも食生活の充実です。それが無くしてサプリメントやメイクをどれだけしても本質は変わらないのですから美肌になるわけありません。

 

遅まきながら、私もできることから食生活の改善をはかっています。実感するのは美容液を使ったときの肌への馴染み具合が変わってきたってことでしょう。
仕事している関係で、どうしても不規則な生活が払しょくできませんから、しばらくはサプリメントも必須です。